クロストーク

HOME > クロストーク > 獣医師×看護師

クロストーク

獣医師×看護師

クロストーク参加メンバー

仕事の内容や心がけていることは?

篠田
 
仕事内容は受付、検査、犬舎、診察補助、トリミングです。受付なら挨拶や笑顔、トリミングなら犬の扱い方を注意しています。動物達が病院を「怖い・嫌い」ではなく、「楽しい・好き」になっていただけるように、いつも心がけています。
飼い主さんにも通いやすいようなアットホームな環境にしたいと思っています。
 
動物の気持ちだけでなく、飼い主さんの気持ちも考えて接することができるように心がけています。
佐久間
 
病院のテーマである「寄り添う医療」をふまえ、その動物のためになることや、飼い主さんの希望に応えられるように、いろいろな選択肢を提案することを心がけています。
中西
 
僕は飼い主さんが一番気になっている動物の問題に対して努めるようにしています。
また、飼い主さんが気付かれていない問題にも目を向けられるように心がけています。さらに健康な子、病気が治った子に対して定期的な検診を勧めることで病気の早期発見・予防を心がけています。
篠田
 
そうですね。早期発見・予防はとても大事ですね。
何事も獣医師と看護師が協力し合って仕事をするのが一番だと思います。

獣医師から看護師に求めることは?

中西
 
診察室では緊張されている飼い主さんもいらっしゃいます。看護師がアットホームな雰囲気で対応してもらうことで、獣医師に伝えたかった事・伝え忘れた事が改めてわかることもあります。
そういった看護師にしかできない部分を大切にしてもらいたいですね。
佐久間
 
そうですね。飼い主さんの目線で対応してもらうと話しやすいと思います。

逆に、看護師から獣医師に求めることは?

 
わたしは、保定の仕方とか処置の流れとかまだ慣れてないこともあるので、獣医師から「もっとこうして欲しい」とか「これはして欲しくない」など、言ってもらった時はとても助かりますし、勉強にもなるので、言って欲しいです。
もちろん、そうして徐々に慣れてきて、獣医師から言われる前に行動が出来るようになるのが目標でもあります。
篠田
 
そうですね。私も同じです。獣医師が求めることに対して、素早く対応していきたいので、してほしいことは何でも言ってほしいです。
それを考えると、お互いが求めることをしっかり言い合えるような信頼関係や環境などを作っていくことが大切ですよね。

社内の雰囲気は?

篠田
 
忙しい時もみんなで協力し、良い雰囲気で仕事ができる環境ですね。月一回食事会もありますし、みんなくだらない話ができるくらい仲が良いです。
佐久間
 
こんなフレンドリーな病院はあまりないですね(笑)。
 
私がアリーズ動物病院グループを選んだ理由のひとつにスタッフの仲の良さはありました。とても大切な決め手だと思います。
中西
 
僕もこの病院を選んだ理由の中で、職場の雰囲気の良さは大きかったです。
篠田
 
私もそうです。やはり職場の雰囲気や仲が良いという事はとても大切ですね。飼い主さんにも伝わると思うので、病院内の雰囲気は大事だと思います。

就職活動をする上での動物病院選び

佐久間
 
動物病院選びでは病院内の雰囲気やフレンドリーなところが重視されるという事ですが、獣医師の立場ではエキゾチックアニマルも診れるようになりたいというのもありますね。
篠田
 
看護師の方は、看護師兼トリマーなので、どちらもやりたいという人には良いと思います。

新卒へのアピール

佐久間
 
早くから診察や手術の経験が出来るので、身につくと思います。勤務医としても長くいることが出来ますし、開業するための一通りのこともできると思います。
中西
 
誰でも初めは診察・手術は不安だと思います。困った時、院長先生をはじめ、他の先生方にも気軽に相談出来る環境は非常に心強いですし、勉強になります。
篠田
 
看護師とトリマーの両方を出来ることと、犬・猫以外にもエキゾチックアニマルの珍しい動物に会えるのも魅力ですね。
 
みんな信頼できる先輩方ばかりです。「楽しい環境で成長したい!」と思ったら、是非アリーズ動物病院グループで一緒に働きましょう!

エントリーは こちら