先輩社員インタビュー

HOME > 先輩社員インタビュー > 原 一哉

先輩社員インタビュー

原 一哉

アリーズ動物病院グループを選んだ決め手は?

エキゾチックアニマルの診療を学べる病院を探していた時に、本グループの求人を見つけました。実習にお邪魔した時の雰囲気がよく、働きやすい職場だと思い、就職を決めました。

現在の仕事内容は?

分院の院長の立場をいただき、診療にあたっています。

働いてよかったと思った瞬間は?(やりがい)

病気の動物たちが元気になった姿を見ることが、何よりのやりがいです。

働き始めて、変わったと思うことはありますか?

臨床獣医師の仕事は動物と病気に向き合うことですが、当然のことながらそれだけでは病院は動きません。そういった組織の中での自分の役割について、以前よりも考えながら振舞うようになったと思います。

研修支援・制度について

希望に応じて、各種セミナーに参加できます。スタッフの人数が少ないと、なかなか希望日に都合をつけられないこともあると思いますが、そこはお互いカバーしあってやることができるので、ありがたく思っています。

キャリアステップについて(将来の夢・展望など)

獣医療、特にエキゾチックアニマルの医療はまだまだ発展途上です。今できないこと・わからないことも、近い将来できるようになるかもしれません。そのために、スキルや知識を磨いていきたいと考えています。

職場の雰囲気について(アリーズ動物病院グループってこんなところ!)

本人のやる気次第で、それぞれがやりたいこと、興味があることをやらせてもらえます。また、堅苦しい上下関係もあまりなく、みんなで一致団結して日々の診療にあたっている、仲間思いの職場だと思います。

その他、言いたいこと

大変なことも多いですが、早いうちから色々と経験させてもらえる職場なので、自分次第で成長できると思います。


エントリーは こちら